Msクリエイトの日々

始めての海外出張!セブ島へ

フィリピン留学・セブ島留学のセブ島留学サポートセンター公式サイトの公開がきっかけに
今回のセブ島行きが決まりました。

いちばんの問題は、海外渡航の経験もなくパスポートの申請や、海外旅行の旅客券の購入方法すらしらないど素人と言うこと。セブ島留学サポートセンターの永井さんには、色々と教えていただきました。

まず、パスポートを持っていない人は、航空券を購入するために、出国する数ヶ月前には用意をした方が良い。申請してから1週間ほどで完成するが、再度、パスポートセンターに取りに行く必要があり、そこでパスポート代金を支払い受け取る形。


格安チケットを購入するのであれば数ヶ月前からチェックしたほうが良いそうです。
今回、4月24日頃パスポートを取得、その一週間前にチケットを購入したが、往復チケットで36,000円程度。これは稀なのだそうです!
ただ、格安チケットを探しすぎて結局高いものしか買えない状態になってしまう場合もあるので、頃合いを決めて購入する必用あるようです。
また、パスポート無しで航空機チケットを購入できるところと、そうでないと事があります。パスポート無しでの購入の場合、名前などの記載に誤りがあると当日乗れない場合があるそうなので要注意。 保険は、無理にはいらなくてもクレジットカードの付随保険で問題なければすればそのままでよさそうです。

そんなこんなで、セブ島行きの当日です。
八時半に事務所を出発し、常磐線→京成金町線→京成本線で成田に到着

高砂駅で、羽田空港行きに乗り間違えそうになる。高砂は、成田と、羽田両方電車がある。

バニラエアは、第3ターミナル。空港第2ビル駅で下車し徒歩で移動します。
結構距離があり5分から6分で到着


永井さん区到着するまで隣のフードコートで朝食
景気づけに肉丼である。
ちょっと期待しすぎた。

永井さんと合流!チェックインを済ませ、登場待ち。
今回、命を預けるのはこの機体!とか言ったら大げさと言われる。
まあその通りです。はい。

登場時間まで、買い物とビールで前祝い。すぐに寝てやろうと。
時間になり、乗り込みます。
頼むでー!

気がつかなかったが、外は雨。
今まで、飛行機は国際線で4回くらいしかない。雨の日のフライト経験はゼロ。また、心配になるが、覚悟を決めるしかない。

自分の座席に着くと、窓側である。これは怖いけどラッキー。外が見られるのはうれしいのだ。右隣は若者の女子二人組み。セブ島には観光で行くそうだ。期待に夢を膨らませてワイワイ話しをしている。若いというのは可能性があるし、いいことだなと思う。

さて、(問題の?)フライト。
雨が降る中、離陸地点まで移動。だいぶ長い距離を移動する。羽田に比べるとこの移動距離は大変長い。

窓についた水滴が吹き飛ばしながら上空に上がる。
ここから約5時間の空の旅。飛行機が苦手なので、しばらく寝ることに。

 

離陸4時間後
目を覚ますと、『入国カード』『税関申告書』の記入をすべしということでした。永井さんに聞きながら記入。英語で記入するのはなかなか困難だ。

 

彩雲発見。(動画にすると色が薄いorz)

 

間も無く高度を下げ、いよいよマクタン・セブ国際空港に着陸。上空から見下ろすフィリピンの街は、市民階層というか、格差がよく見て取れる。富む者の家は、あからさまにビビットで画一的に整備された区画と綺麗な建物。貧しき者はトタンや、ボロボロのコンクリートの建物、水上には木造の小屋驚きの光景だった。

 

 

空港に降り立って第一印象。セブ島のにおいがする。言葉にはできないけれどもとにかくセブ島のにおいがした。すぐ気にならなくなったが、とても面白い。日本には日本のにおいがあると聞いたことがあったが、全くわからない。おそらく、セブ島に住む人も日本に来たら同様の感想を持つのだろう。

 

つづく