サービス

ウェブ制作・保守運用

ホームページ(ウェブサイト)制作は、インターネット上にあるあなたの事業所を創る作業です

 当事務所のサイト制作の基本は、あなたと共同してサイト制作にあたるということです。ホームページ制作は、インターネット上にあるあなたの会社であり、事務所を創る作業であり、サイトのコンテンツは、営業部・営業マンを生み、育てる作業と同様となります。
 つまり、サイトは公開して制作が終わるものではなく、公開後に定期的に更新・調整し情報を常に新しく追加して、サイト自身がインターネット上で営業できるよう育てていく必要があります。
安くない費用を使い制作するからには、ウェブサイトからの成果が上がらなくては意味がありません。 当事務所からの提案をお待ちいただくだけではなく、ともにどのようなサイトにすればよいのか考え、知恵を出し合い協力しあい最適なサイトを制作を行います。
サイト公開後の更新などは、社内できない場合のサポート、更新研修なども可能行います。

CMS導入

 CMSとはコンテンツマネジメントシステムといい、制作から運用までインターネットブラウザ上で行う事のできるシステムの事です。昨今のウェブサイト制作では、HTMLの技術がなくても、ウェブサイトが更新できるよう導入する事が一般的になっています。
 これによって、記事を更新するとき制作会社に払っていた更新費用を減らすことも可能になります。 ただし、100%HTMLから解放されることはないため、HTMLの知識があるとより一層、様々な事が可能となります。当事務所では、「ZOMEKI CMS」と「WordPress」を利用しております。「Mobable Type」をご要望の方はご相談ください。

ZOMEKI CMS

 ZOMEKIは、自治体向けCMSとしての利用されているCMSです。原則どの様なサイトにも活用できますが、更新記事の承認機能があり、自治体の他、各種法人や任意団体での活用に優れています。
 管理画面も非常にシンプルでかつ分かりやすいため、操作を覚えることも難しくありません。機能追加をせず、装備された機能を使い制作するイメージとなります。

ZOMEKIは、徳島県と地元徳島のWebシステム開発会社である株式会社アイ・ディ・エス(現サイトブリッジ株式会社)が共同で開発した各種自治体向けのオープンソースソフトウェアのJoruri CMSから分岐しました。開発はサイトブリッジ株式会社(東京都三鷹市)が行っています。

WordPress

 ワードプレスは、世界でもっとも使われているCMSです。もともとはブログツールから進化しました。プラグインを使う事で、機能追加が容易にでき、無料で使えるため人気を呼んでいます。
 しかし、機能や表示についてカスタマイズをすればするほど、工数が上がり費用が高くなることもあります。

保守運用

 サイトが出来上がったら、サイトの更新をしましょう。トップページに新着情報の一覧がある場合、更新日付が古くなるとサイトが死んでいるようなイメージをあたえてしまいます。
ウェブサイトは、チラシやパンフレットなどの紙媒体に比べ更新が自分でも可能なため、新商品や新サービスの発信が自由にできることが魅力です。
社内で更新作業ができない場合は、当事務所でサポートいたします。お気軽にご相談ください。

  • 新着情報の更新
  • 更新コンテンツの追加
  • 写真の差替え
  • 実績写真撮影と更新
  • 新規コンテンツの提案
  • サイトの一部リニューアル
  • アクセス解析
  • スマートフォン対応

その他ご要望におこたえいたします。ご相談ください。