代表ご挨拶

CMSのバージョンアップや不具合対応のコスト軽減を実現します!

御社のウェブサイトは運用費にどれくらいコストがかかっていますか?
近年WordPressに代表されるCMS(Contents Management System)の利用が当たり前の時代になってきました。しかしその導入が進んでいくにつれて、増えた相談は「バージョンアップでサイトが真っ白になって壊れてしまいました。」という相談です。
 

当事務所でもサイト制作に利用してきたWordPress。このCMSでたくさんのサイトを手掛けてきましたが現在では数多くの問題があり、勧めずらくなってきた印象が強いです。
なぜなら、クリエーターの多くはWordPressの内部のプログラムについてもすべてを知っていてサイトを作っているわけではありません。各々がPHPのプログラムを勉強し、制作しながら深めていくためプログラムコードの書き方もクリエーターの技術レベルによって不適切な状態で制作される場合も考えられます。
 

一方で、WordPressは日々バージョンアップをくり返し行われ毎月発展しているウェブのシステムです。当事務所がWordPressで制作し運用している「超ご当地グルメ」というサイトでは、2020年1年間で運営から送付されたバージョンアップ通知は、「WordPress本体」・「プラグイン」など合わせて80件余り(テーマや翻訳を除く)。更新のタイミングを計るのは至難の業です。バージョンアップの内容によって、オーダーメイドで追加したPHPプログラムの改修が必要になる場合もあります。
 

またバージョンアップなどの保守契約には、毎月のランディングコストがそれなりにかかるため保守に入らずにご自分で対応しようとする方もいらっしゃいます。
バージョンアップをするにあたっては、公開サイトと同一環境でテスト用のサイトを用意しバックアップを取り、サイトが壊れないか確認しながらプラグインからひとつひとつ更新していく。そしてテストが完了ののち公開サイトに反映するという作業が必要になります。

この作業をするための保守費、或いは作業代行費を調べてみると、初期費用を数万円払い(ない会社もあるが月額費用が高め)、月額に換算して毎月1万円~5万円の支払いを行い(場合によっては追加費用が必要など)サイトを運営・維持するために多額のランディングコストがかかるのが現実です。
 

当事務所では、自治体サイト制作の経験からオープンソースCMS「Joruri」「ZOMEKI」によるサイト制作を2010年から大小含め50サイトあまり行い、2018年には、協力企業とCMS ZOMEKIの専用サーバーでサイトを制作・運用を行ってまいりました。その後、2019年5月にはCMS ZOMEKIを中心とする勉強会「CMS学んじゃう会」を開始、コミュニティーの『ZOMEKI CREATORS CLUB』を発足2020年10月までにリアル・オンライン含め10回の勉強会を開催いたしました。

そして2021年4月より当事務所では、サイトの制作環境を整え本格的にWordPressに代わるCMSとして「Joruri」「ZOMEKI」を利用し、バージョンアップや不具合対応その他などのランディングコストを抑えたかたちでサイト運営のできるサービスを本格提供をしてまいります。低価格で提供ができる理由は、
 

1.サーバーとCMS利用がセットでご提供できること
2.CMSの開発元がサーバーの管理を担当していること
 

サイトのバックアップやサーバー監視は、サーバで行っておりますので、復旧が必要な時も問題はありません。CMSの大きなバージョンアップの時は、1週間ほど前にお知らせを行います。不具合がある場合は随時お知らせいただければ追加費用も見積もりもなく。早急に対応いたしますので、ご安心していただけると思います。

難しい事は、気になさらずにお客様はサイト運用に集中しかつスムースにできる環境をご提供いたします。サイトを制作するときにCMSの選択は、サイトでやりたいことが実現できるかどうかで決めることになりますが、例えば「無料で利用できる」からとか「導入が簡単だから」という理由でCMSを選択している場合は、ぜひ当事務所のサービスもチェックしていただけると幸いです。

M’s Create(エムエスクリエイト) 代表 土井松志

代表プロフィール

ウェブ制作事務所M's Create代表 土井 松志

 2006年デジタルハリウッドにてWeb制作を学び、11月にクリエーターズオーディションに選出。2007年1月からWeb業界でウェブデザイナー(正社員)として活動を開始。
2010年5月、単身で三鷹市子育てサイト『みたか子育てねっと』構築プロジェクトに参加し、まちづくり三鷹に入社、ディレクターとマークアップを担当する。 その後、東京都や広島県、群馬県などの市や23区内の子育てサイトを制作に携わる。その他、長野県の市部の地域ポータルサイト構築にも携わった。2013年6月から「M’s Create(エムエスクリエイト)」を個人事業登録し活動を開始する。民間企業からNPO・法人、様々なサイトを100サイト以上を構築。
 その他、子育てワークショップデジタルカメラ撮影講座の講師。
2013年秋より三鷹市コワーキングスペースミタカフェの運営委員として現在も活動開始。
2015年超ご当地グルメ公開(2020年10月10万PV/月達成)。2019年5月ZOMEKIを中心にした「CMS学んじゃう会」を開催・「ZOMEKI Creators Club」発足。2021年3月小平市栄町に移転、2021年4月専用サーバーによる制作サービスを本格的に開始